logo

新登場「Snapdragon 845」でスマホのカメラに期待できる4つの進化 - (page 2)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

より明るい動画

 「輝度」とは、明るさと暗さの量を表す技術用語だ。これもUltra HD Premiumの標準に含まれる。輝度が高いほど、色彩豊かな動画でも従来より明るく見える。これは動画撮影体験のすべてを変える。

 どのくらい明るいかというと、Snapdragon 845の最大輝度は1万ニト(輝度を表す単位)だ。

 明るくなるとバッテリの消耗が早まりそうなものだが、Qualcommによると、Snapdragon 845のバッテリ効率が30%向上したことで、バッテリの消耗は軽減されるという。

動画と写真の統合

 金魚を見つめている少女の写真を想像してほしい。少女は写真のように動かないが、金魚は泳いでいる。

 これをQualcommは「ImMotion」と呼ぶ。静止画の一部に動画を取り込む画像処理技術の一種だ。写真全体が3秒間動く「iPhone」の「Live Photos」とは違う。ImMotionは写真の一部だけが動くのだ。

アクティブ深度センシング

 Snapdragon 845採用のスマートフォンカメラは、「Active Depth Sensing」(アクティブ深度センシング)と呼ばれるプロセスで、Appleの「iPhone X」の顔認識によるロック解除機能「Face ID」に似た操作を可能にするとみられる。


これはAppleのFace IDによる顔面マッピング。Snapdragon 845も同等の機能を備える。

 iPhone XのFace IDは、目に見えない赤外線を顔面の3万点に投射するという能動型(アクティブ)センサによって機能している。カメラが周囲のデータを収集する。

 QualcommのSnapdragon 845はドットマップを作成するために、赤外線を最大5万点に投射する。だが、深度センシングカメラの長所はスマートフォンのロック解除に使うことだけではない。

 この技術を背面カメラに搭載することで、仮想現実(VR)でユーザーの手を追跡できるようになる。そうすれば、高価でかさばるコントローラを使わずに済む。あるいは拡張現実(AR)の場合は、自分の手を使って周囲とやり取りできるだろう。消火栓の上にいるポケモンにボールを投げる代わりに、カメラで追跡している自分の手で直接ポケモンを捕まえることもできるかもしれない。

 ただし、Snapdragon 845搭載のすべてのスマートフォンのカメラがアクティブ深度センシングをサポートするとは限らない。新たなハードウェアが不要な動画の改善とは異なり、これらの機能を使うには特定の種類のカメラレンズが必要だ。すべてのスマートフォンメーカーがこのレンズを採用するとは限らない。採用したとしても、この機能の使い道を決め、それを実現するためのソフトウェアを開発する必要がある。

 だが、将来あなたが買うスマートフォンがSnapdragon 845を採用していたら、少なくとも次の機能を使える可能性はある。

Qualcomm Snapdragon 845のカメラ仕様

  • Spectra 280 ISP(画像信号処理プロセッサ)
  • Ultra HD Premium撮影
  • アクティブ深度センシング採用の「Qualcomm Spectra Module Program」
  • 動き補償時間フィルタリング(MCTF)動画撮影
  • マルチフレームノイズリダクション
  • 最大1600万画素(60fps)での高性能撮影
  • スローモーション動画撮影(720p、480fps)
  • ImMotionコンピュテーショナルフォトグラフィ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]