logo

DHLなど物流大手各社、テスラの電気トラック「Tesla Semi」を発注

Chris Paukert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月04日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 輸送用トラックを抱える多くの大企業が「Tesla Semi」を試す準備を整えている。物流輸送を手がけるDHL Supply ChainとTitanium Transportation Group、Fortigo Freight ServicesがTeslaのクラス8の電気セミトラックTesla Semiを少量発注したことをそれぞれ発表した。

 The Wall Street Journal(WSJ)によると、DHLは物流センターと工場の間で商品を輸送する短距離のシャトル走行や顧客への同日配達に使用するため、10台のTesla Semiを発注したという。さらに、DHLはTesla Semiの長距離走行の適性を評価し、ドライバーが参加するさまざまなテストを実施することも計画している。

 DHL Supply Chainの輸送担当プレジデントのJim Monkmeyer氏は、同社がTeslaと協力して、実際にいくつかの初期のSemiモデルを試運転済みであることを明かした、とWSJは報じている。


Tesla Semi
提供:Tesla

 カナダのオンタリオ州を本拠とするTitanium Transportation Groupは、現地時間11月30日の声明で、同社が5台のSemiを予約したことを明かした。同社は約450台のトラックを稼働させており、輸送ロジスティクスや倉庫保管、トラック輸送を越境サービスも含めて提供している。

 同じくカナダのロジスティクス企業であるFortigo Freight Servicesも、Semiの評価を行うため1台を予約したことが報じられている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]