logo

「マインクラフト」の高い人気、「ドラクエXI」「FFXV」も受賞--PS Awards 2017

佐藤和也 (編集部)2017年12月01日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は11月30日、この1年における、プレイステーションフォーマットでヒットしたタイトルを表彰する「PlayStation Awards 2017」を開催した。

「PlayStation Awards 2017」受賞者
「PlayStation Awards 2017」受賞者

 PlayStation Awardsは、1994年のプレイステーション誕生から毎年開催されているもので、日本を含むアジア地域での累計生産出荷数と配信枚数の合計が一定数を超えたタイトルを表彰している。

 100万を超えたタイトルに贈られる「Platinum Prize」において、前回は該当タイトルがなかったが、今回は「グランド・セフト・オート V」(ロックスター・ゲームス)、「ファイナルファンタジーXV」(スクウェア・エニックス)、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス)の3つが受賞。そして200万を超えたタイトルに贈られる「Double Platinum Prize」として「Minecraft(マインクラフト)」(Mojang AB)が受賞した。

 Minecraftの授賞式においては、スコットランドに拠点を置く4J Studios CEOのパディ・バーンズ氏が登壇。ソニー関係者をはじめ、日本のファンに向けて感謝の言葉を述べていた。

キルトを着用して登壇したパディ・バーンズ氏(左)
キルトを着用して登壇したパディ・バーンズ氏(左)

 またドラゴンクエストXIの授賞式では、ゲームデザイナーの堀井雄二氏が登壇。ドラゴンクエストを作ってまもなく32年を迎えることに触れ、ファンや開発関係者に向けた感謝の言葉を述べた。そして「好評だったので次も期待されていますが、いつまで続けられるかわからないですけれども、頑張っていきたいと思います。人生はロールプレイングゲームです」と語った。

堀井雄二氏
堀井雄二氏
小寺剛氏
小寺剛氏

 この日は、10月にソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOに就任した小寺剛氏が冒頭で登壇。「これからも、さらに多くのみなさまに選んでいただけるプラットフォームとなるよう努めていく」と挨拶を行った。

盛田厚氏
盛田厚氏

 またSIEJAプレジデントの盛田厚氏は終わりの挨拶のなかで、「ゲームは、テクノロジの進化とともに、あらゆるエンターテインメントの良さを吸収し、進化を続ける最先端のエンターテインメント。それは無条件に楽しく、ときには心を動かす体験を与えてくれるもの。我々は、この素晴らしさをもっと多くの人に伝えたい。ゲームを通して人と人とをつなぎ、これをもっと気軽なものとして確立させ、ゲームが作るエンターテインメントをさらなる高みへ発展させていく。我々は、みんなのプレイステーションを合言葉に“一家に一台プレイステーション”を目指して邁進する。ライバルは、大谷翔平と乃木坂46。これからも一緒に歩いてほしい。絶対にみなさまを1人にさせません」と語った。

 50万を超えたタイトルに贈られる「Gold Prize」は11タイトルが受賞。ほかにも、2016年10月1日から2017年9月30日までの期間、日本を含むアジア地域のネットワーク売上上位3タイトルに贈られる「PlayStation Network Award」、PlayStation VRの盛り上がりに貢献した3タイトルに贈られる「PlayStation VR賞」、インディーズタイトルや配信専用タイトルのラインナップ拡大に貢献した3タイトルに贈られる「インディーズ&デベロッパー賞」、ユーザーによる投票数の上位10タイトルに贈られる「ユーザーズチョイス賞」の表彰が行われた。受賞タイトルは下記に掲載。今回はのべ34タイトルが受賞する形となった。

 なお、PlayStation Storeにて「PlayStation Awards 2017 開催記念キャンペーン」を展開。12月1~13日までの期間限定で、今回の受賞タイトルや過去の受賞作、関連作など合計30タイトル以上のPS4用ソフトウェア(一部PS Vita版を含む)を最大77%OFFで購入できるほか、期間限定で使用できる10%OFFカート割引クーポンも配布する。

Gold Prize

「アンチャーテッドコレクション」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
「レインボーシックス シージ」(ユービーアイソフト)
「FIFA 17」(エレクトロニック・アーツ)
「Battlefield 1」(エレクトロニック・アーツ)
「コールオブ デューティインフィニット・ウォーフェア」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
「龍が如く6 命の詩。」(セガゲームス)
「バイオハザード7 レジデントイービル」(カプコン)
「仁王」(コーエーテクモゲームス)
「NieR:Automata」(スクウェア・エニックス)
「Horizon Zero Dawn」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
「FIFA 18」(エレクトロニック・アーツ)

PlayStation Network Award

「ファンタシースターオンライン2」(セガゲームス)
「レインボーシックス シージ」(ユービーアイソフト)
「FIFA 17」(エレクトロニック・アーツ)

PlayStation VR賞

「バイオハザード7 レジデントイービル」(カプコン)
「Farpoint」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
「サマーレッスン:アリソン・スノウ」(バンダイナムコエンターテインメント)

インディーズ&デベロッパー賞

「不思議の幻想郷TOD -RELOADED-」(メディアスケープ)
「3on3 FreeStyle」(JOYCITY Corporation)
「UNDERTALE」(ハチノヨン)

ユーザーズチョイス賞

「Battlefield 1」(エレクトロニック・アーツ)
「ファイナルファンタジーXV」(スクウェア・エニックス)
「バイオハザード7 レジデントイービル」(カプコン)
「仁王」(コーエーテクモゲームス)
「NieR:Automata」(スクウェア・エニックス)
「Horizon Zero Dawn」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
「ペルソナ5」(アトラス)
「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」(日本ファルコム)
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス)
「アンチャーテッド古代神の秘宝」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]