logo

YouTube、「ストーリー」風の新機能「Reels」をテスト開始へ

Ian Sherr Richard Nieva 翻訳校正: 編集部2017年11月30日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近い将来、これまでよりはるかに多くの短編動画がYouTubeに掲載されるようになる。

 YouTubeが米国時間11月29日に発表した「Reels」は、最大30秒の動画を複数まとめて、自身の他の作品とは別にプレイリストのような形で投稿できる新機能だ。YouTubeのクリエーター向けコミュニティーで提供される。

 これは、テクノロジ企業が人気の高い「Snapchat」の「ストーリー」機能を模倣した最新の事例である。ストーリー機能は、Snapchatを最もホットなソーシャルネットワークの1つに押し上げるのに貢献した。現在では、1億7800万人以上のユーザーが毎日Snapchatにログインしている。特に、Facebookはこのトレンドに追随し、傘下の「Instagram」写真共有サービスとFacebookアプリにストーリー風の機能を追加した。

 YouTubeはこの機能を発表するブログの中で、「われわれは、ユーザーが簡単に自分自身を表現してファンとエンゲージできるようにするため、一層の努力をしたいと考えている」と述べた。

 YouTubeは、「近日中」に一部のクリエーターのグループとReelsをテストする予定だ、と述べた。


ストーリー風の新機能がYouTubeにも加わる。
提供:YouTube

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]