logo

「Firefox Quantum」は「Chrome」を超える?--性能をベンチマーク対決 - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年11月21日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

測定結果

 Firefox Quantumの成績やいかに? 非常に優秀だ。


黄色は、各ベンチマークで最も良い結果を示したブラウザ。次いでグレーが2位、茶色が3位。

 Firefox QuantumはすべてのテストでFirefox 56を打ち負かした。従って、Firefoxユーザーにとっては明らかな性能アップになる。それほど顕著な差ではないし、既存のアドオンが実行できなくなるという問題がアップグレードを躊躇させるかもしれないが、とにかくQuantumが上なことは確かだ。

 だが、本当に興味深いのは、Firefox(56もQuantumも)がGoogle Chromeに追いつき、いくつかのテストでは追い越しているという点だ。

Quantumの勝ち数

 7つのベンチマークのうち、各ブラウザがトップに立った回数は以下の通りだ。

  • Firefox 56:0回
  • Firefox 57 Quantum:3回
  • Chrome 62:3回
  • Edge 41:1回

 この結果は、Firefox 56とFirefox Quantumの両方にとってかなり立派なものだ。性能に関して、過去1年間に多大な努力が注がれたことを示している(2月に米ZDNetが比較したベンチマークではFirefoxはChromeに差を付けられていた)。

実際の使用感は

 人工的なベンチマークを離れて日常に戻れば、正直なところ、どのブラウザを使ってみても速度の差を感じることはできなかった。最近のブラウザがいかに高速化しており、製品間の差がいかに縮まってきているかを考えれば、これは当然のことだ。

結論

 筆者は最近、人がどのブラウザを選ぶかは、性能よりもどのエコシステムを選ぶかによると感じている。どのブラウザにもそれぞれの強みと弱点がある。

 性能は、たとえ最も遅いブラウザでも、最近はそれほど問題にはならない。ブラウザの性能についての文句はめったに聞かなくなったし、もしあるとしても、それはバグや特定の問題に関するものであり、ブラウザ全体の性能についてではない。Mozillaのスピード重視は、ユーザーの求めに応じるものというよりは、話題性狙いやブラウザの処理速度を競った過去への郷愁のようにも感じられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]