logo

e☆イヤホン、カスタムIEM2社がコラボした「響」ほか4モデルを取り扱い開始

加納恵 (編集部)2017年11月18日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポータブルオーディオの専門店e☆イヤホンを展開するタイムマシンは11月17日、AAW×SHOZYコラボイヤホン「響(Hibiki)」など、4モデルの取り扱いを開始すると発表した。

 発表したのは、響き(店頭税込価格:5480円)、Limeears(ライムイヤーズ)「Model X(モデルエックス)」(同:12万5000円)、SATOLEX「Tubomi Sterling Silver LIMITED」(同:2万2680円)、高音質ケーブル「SoundsGood WhiteSnake(ホワイトスネイク)」シリーズ(同:9980円)になる。

 響は、カスタムインイヤーモニターブランドであるシンガポールのAAWと、香港のShozy(ショージィ)のコラボレーションモデル。10mmのダイナミックドライバを搭載し、内部配線には高品質銅線を使用。カスタムインイヤーモニターにも使用されている高品質銅製2ピンソケットを備え、リケーブルにも対応する。再生周波数帯域は20~40kHz。カーボンファイバー製のフェイスプレートを採用し、S、M、Lサイズのイヤーピースが付属する。

AAW×SHOZYコラボイヤホン「響」
AAW×SHOZYコラボイヤホン「響」

 Model Xは、低域用に2つ、中域用に1つ、高域用に1つと4つのバランスドアーマチュアドライバを搭載。切り替え可能スイッチを備え、鮮明な高域と自然な中高域の2段階の音を再現する。ボアのうちの1つが共振空洞としてのみ使用する「PAR(Passive Acoustic Resonator)」により、滑らかでより自然な周波数帯域を作り出すとしている。

Limeears「Model X」
Limeears「Model X」

 SoundsGood WhiteSnakeシリーズは、e☆イヤホンが線材の選択やパッケージデザインなどを監修。16芯ハンドメイドリケーブルを採用し、ケーブル長は1.15m。MMCXコネクタと2ピンを用意し、それぞれ3.5mmステレオミニプラグ(3極)、2.5mmバランスプラグ(4極)をラインアップする。

 e☆イヤホンでは、毎年11月18日を「イーイヤの日」として展開していたが、今回「いいイヤホン・ヘッドホンの日」として正式認可を受けたのとのこと。ポータブルオーディオをトコトン楽しむ日と位置付けている。

 SATOLEX Tubomi Sterling Silver LIMITEDは、e☆イヤの日記念特別モデル。Tubomiモデルに銀筐体が奏でる繊細さと、軽やかなチューニング技術を施している。限定40台。

SATOLEX「Tubomi Sterling Silver LIMITED」
SATOLEX「Tubomi Sterling Silver LIMITED」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集