logo

ソフトバンクと本田技術研究所、5Gを活用したコネクテッドカー技術で共同研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは11月16日、Hondaの研究開発子会社である本田技術研究所と、第5世代移動通信システム(5G)の普及を想定し、コネクテッドカー技術の強化を目的とした共同研究の検討を開始したと発表した。

 2018年度には、ソフトバンクが本田技術研究所の鷹栖プルービンググラウンド(北海道上川郡鷹栖町)に5Gの実験用基地局を設置。5G環境下での共同研究を本格化する予定だという。

 共同研究では、クローズドのテストコース(鷹栖プルービンググラウンド)を活用し、5G環境を作り出したうえで、「高速ハンドオーバー技術」や「弱電界、圏外域でのリカバリー技術」のほか、さまざまなユースケースを想定した技術開発を行う。

 具体的には、高速ハンドオーバー技術では、高速移動中の自動車で、通信する基地局を安定的に切り替える技術および、車載アンテナの開発を行う。

 また、弱電界、圏外域でのリカバリー技術では、弱電界におけるデータ送受信性能を確保する技術および、データ処理技術を開発する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]