logo

「Googleマップ」、地図表示を刷新へ--新しい色やアイコンが登場

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2017年11月16日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月15日、「Googleマップ」の色設定などを刷新することを明らかにした。色設定のアップデートと新しいアイコンの追加により、ユーザーは自分の探したい場所をより簡単に見つけ出せるようになるという。Googleはこのアップデートの要点について、ブログで次のように説明している。

 「カフェ、教会、美術館、病院といった場所に、個別の色とアイコンが設定されるため、マップ上でそうした場所を見つけやすくなる。例えば、初めての場所に行ってコーヒーショップを探す場合は、マップを開き、最も近い場所にあるオレンジ色(飲食店を示す色)のアイコンを見つければよい」

 また、運転モード、ナビ、路線図、周辺のスポットといったGoogleマップの各メニューもアップデートされ、それぞれの機能に最も適した情報がより分かりやすく表示されるようになる(例えば、路線図を表示した際には電車の駅が強調表示されるという)。

 新しい色表示やアイコンは、今後数週間以内に、「Googleアシスタント」「Google検索」「Google Earth」「Android Auto」など、Googleマップを利用するさまざまな製品でお目見えする。最終的には、Googleマップを利用する他社のアプリやサイトにも新しい色やアイコンが登場する予定だという。

 Googleは、すでに新たな表示について凡例を公開しているので、新しくなったGoogleマップを使う際には参考にするといいだろう。




飲食店はオレンジ、ショッピングはブルーなど、カテゴリごとに色分けされる。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集