logo
Kickstarter

戦闘ロボのパイロット気分で対戦ゲームができる「GEIO」--FPSカメラ搭載ロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 敵と戦う対戦ゲームは、プレイヤーが白熱して盛り上がりやすい。特に一人称視点シューティング(FPS)ゲームは、スマートフォンのような小さなデバイスでも仮想世界に入り込むほどの臨場感が得られる。

 そこで今回は、FPS対戦ゲームを実際のロボットで楽しめる「GEIO」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


FPS対戦ゲームが楽しめるロボット(出典:Kickstarter)

 GEIOは、スマートフォンで操縦する小型ロボット。カメラが搭載されており、ロボット視点の映像をリアルタイムにスマートフォンの画面から見られる。複数のGEIOで友だちと対戦すれば、ロボットに搭乗しているパイロット気分でゲームの世界へ入り込めるだろう。

アニメの世界から抜けたして来たような戦闘用ロボット(出典:Kickstarter)
アニメの世界から抜けたして来たような戦闘用ロボット(出典:Kickstarter)
FPSでパイロット気分(出典:Kickstarter)
FPSでパイロット気分(出典:Kickstarter)

 360°全方向に素早く移動できる機動性を備えており、動きながら敵を攻撃する対戦ゲームがプレイ可能。敵の位置を自動追跡して狙う機能もあり、スマートフォンの小さな画面でも的確に操縦や攻撃ができる。さらに、敵のGEIOだけでなく、フィールドに置いて使う「トーテム」と呼ぶ標的も自動認識する。


スマホの画面から操縦(出典:Kickstarter)
敵を追い続ける自動追跡機能(出典:Kickstarter)
敵を追い続ける自動追跡機能(出典:Kickstarter)

敵やトーテムを自動認識(出典:Kickstarter)

トーテムの種類も識別可能(出典:Kickstarter)

 遊び方は、決闘のような1対1の対戦、敵と味方に分かれて陣地を奪い合うチーム戦、隠したトーテムを見つける宝捜し、コースを決めて速度を競うレースなど、工夫次第でいろいろだ。


緊迫する決闘のような対戦(出典:Kickstarter)

机の上がバトルフィールドに(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月8日まで。記事執筆時点(日本時間11月14日13時)でキャンペーン期間は24日残っているが、すでに目標金額3万ドルの2倍近い約5万4000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集