logo

テンセント、Snapへの出資比率が12%に

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月10日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国テクノロジ業界の巨大企業である騰訊(テンセント)のSnapへの出資比率が12%になったという。Financial Times(FT)が報じた。Tencentは百度(バイドゥ)、阿里巴巴(アリババ)と並んで中国の3大テクノロジ企業の一角を担っている。これら3つの企業はBATと総称される。

 このニュースは、Snapが米国時間11月8日に米証券取引委員会(SEC)に提出した四半期報告書の中で明らかにされた。本件が報じられる前に発表された四半期決算で、Snapの成長率は予想を下回った。テンセントは3月にTesla株の5%を取得している。またRiot Gamesも所有している。


提供:studioEAST / Getty Images

 テンセントは米国に進出する取り組みを進めている。中国のメッセージングプラットフォーム「WeChat」も所有するテンセントは2017年に入って、WeChatのデジタル決済サービス「WeChat Pay」の米国での提供を開始した。

 SECに提出した四半期報告書の中で、Snapは「テンセントの創造性と起業家精神に昔から刺激を受けてきた」と述べた。

 テンセントは「アイデアや体験を共有することを楽しみにしている」、と同社プレジデントのMartin Lau氏は述べた。Reutersが入手した声明によると、このアイデアや体験の共有は、モバイルゲームやニュースフィードの分野における両社の協業という形で実現する可能性がありそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]