logo

スマートスピーカ「Amazon Echo」が日本上陸--11月13日週に招待制で

藤井涼 (編集部)2017年11月08日 14時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは11月8日、音声AI「Alexa」を搭載したスマートスピーカ「Amazon Echo」を、招待制で11月13日週に発売することを発表した。価格は1万1980円。また、電球などのスマートデバイスと接続できる「Echo Plus」を1万7980円、小型の「Echo Dot」を5980円で販売する。


 プライム会員は、11月8〜17日23時59分までに予約すると、Echoが4000円引きの7980円、Echo Dotが2000円引きの3980円で購入できるという。

 Amazon Echoに「Alexa」と話しかけることで、会話をしながらさまざまな機能を呼び出せる。たとえば、最新のニュース、天気予報、アラーム、スケジュールなどだ。また、野球の日本シリーズや相撲の千秋楽の結果を聞いたり、親父ギャグや早口言葉といった“小ネタ”で楽しむことも可能だ。


 ビームフォーミング技術とノイズキャンセレーションを採用し、本体上部に7つのマイクアレイを搭載することで、6メートル離れていても話し手を識別する。また、発音は同じでも意味が異なる同音異義語の聞き分けにも対応するという。同社によれば、日本語対応のために1年近い期間を費やしたという。


「Amazon Echo」

「Echo Plus」

「Echo Dot」

 Amazon.comのAmazon Alexa担当 シニア・バイス・プレジデントであるトム・テイラー氏は、同デバイスの強みとして、高性能なハードウェアや、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウド、最新のマシンラーニングアルゴリズムなどを挙げる。

 また同日には、4000万曲以上の楽曲が聴ける音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」を日本で提供することも発表した。マルチデバイスに対応しており、個人プランは月額980円で、プライム会員は月額780円で利用できる。また、Echo向けには月額380円で提供する。現在、家中にあるAmazon Echoで一斉に音楽を再生できる機能を開発中だという。


音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

 さらに、Amazon Echoにサードパーティのさまざまな機能を追加できる「Alexa Skill」を提供することも明らかにした。日本では、東急電鉄、シャープ、サントリーホールディングスなどがローンチパートナーに名を連ねており、250以上のスキルが提供される。同日には英語学習や駅しりとりゲームなどのデモが披露された。





 なお、日本におけるスマートスピーカは、LINEが10月5日に「Clova WAVE」を、10月6日にグーグルが「Google Home」を発売している。

-PR-企画特集