logo

個人間送金サービス「Apple Pay Cash」が「iOS 11.2」パブリックベータ2に搭載

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年11月08日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近い将来、米国では「iPhone」や「Apple Watch」から「Apple Pay」経由で友人に支払いができるようになる。Apple Payの新機能が正式リリースされるまでは、パブリックベータを導入すると、「友人や家族」の間でテストできるだろう。

 米国時間11月7日、「Apple Pay Cash」を搭載した「iOS 11.2」のパブリックベータ2がリリースされた。これにより米国では送金機能を試すことができるが、支払いを受ける人もiOS 11.2のパブリックベータ2をインストールしている必要がある。ただし、技術の適用やアプリのテストに本当に必要でない限り、所有しているデバイスにiOSのパブリックベータをインストールすることはお勧めしない。

Appleの個人間送金機能「Apple Pay Cash」
Appleの個人間送金機能「Apple Pay Cash」
提供:James Martin/CNET

 Apple Pay Cashは「Venmo」など他のピアツーピア決済アプリのように機能するが、iOSに組み込まれている。新規ユーザーはこのサービスに登録する必要はなく、送金された額をApple Pay Cashカードで受け取るのに設定は不要だ。

 決済は、Apple Payですでに設定しているデビットカードまたはクレジットカードを通じてできる。

 Apple Pay Cashの概要は次の通りだ。

  • 「Wallet」のApple Pay Cashカードに入れられる1回の最低金額は10ドル。
  • 他のユーザーへの支払いは、(Apple Payアプリを通じて)「iMessage」で行うか、「Siri」または「連絡先」(「$」アイコンを押すと他者への支払い請求または送金機能が呼び出される)で行える。
  • 2要素認証を有効にしておく必要がある。
  • 対象デバイスはAppleの公式サイトに掲載されている。
  • Apple Payのピアツーピア決済機能はまず米国で開始される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]