logo

デノン、防水防塵設計でアウトドアにも最適のBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2017年11月08日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは11月8日、デノンブランドからBluetoothスピーカ「Envaya」の新モデル3機種「DSB50BT/150BT/250BT」(想定税別価格:1万2000円/1万7000円/2万2000円)を発表した。全機種IP6XとIPX7相当の防塵、防水設計を施し、屋外や水回りなどでも気にせず使用できる。発売は11月下旬。

左から「Envaya DSB50BT/250BT/150BT」
左から「Envaya DSB50BT/250BT/150BT」

 いずれも40mmのフルレンジユニット2つとパッシブラジエータ1つを搭載し、コンパクトボディながら、重低音とクリアな中高域を再現。最上位機となる250BTは53mm×135mmのパッシブラジエータを備える。

 Siri、Google Nowに対応し、Bluetooth経由で音声での操作や検索を実現。バスルームでの使用時など、スマートフォンが手元にない場合もで声で検索して、音楽再生が可能だ。

 同型番のスピーカ同士であれば2台をステレオペア接続して使える「Envaya Link」を装備。2台のBluetooth機器と同時に接続できるほか、最大8台までの機器を登録できる。

 対応コーデックはSBC、AAC、aptX。aptX Low Latencyにも対応し、動画やゲーム視聴時でも遅延の少ない音声再生が楽しめる。充電池で駆動し、2.5~3時間の充電で10~13時間の連続再生に対応。ボディカラーはブラックとブラック&グレーの2色をそろえる。


サイドにボタンを設ける

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]