logo

ソニー、イヤホンでもスピーカでも使用可能--聞きたい音を大きくできる首かけ集音器

加納恵 (編集部)2017年11月07日 18時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月7日、人の声やテレビの音など、聞きたい音を大きくできる首かけ型の集音器「SMR-10」を発表した。イヤホンに内蔵したマイクで人の声や周囲の音を拾ってソニー独自の技術で増幅し、聞き取りやすくする。発売は11月25日。想定税別価格は3万5000円前後。


「SMR-10」

 イヤホンとスピーカを一体化した独自のデザインで、スピーカ部は肩掛けしたときに耳元で音声が聞こえる形状。周囲の音を常に解析し、騒音の特性に合わせて聞こえ方を自動で調節する「オートシーンセレクト」を備え、静かな場所から騒音の大きな場所まで、環境が変わるごとに設定を切り替えることなく使用できる。

 自分が話す時に音の増幅を抑える「マイボイスキャンセリング」のほか、ハウリングを抑える「ハウリングキャンセリング」を搭載。音声案内と簡単なボタン操作で聞こえ方を調整できる。

 イヤホンとスピーカを一体化した集音器と充電台兼テレビ音声送信機で構成され、テレビと接続すれば、ワイヤレスで伝送したテレビの音声を耳元で聴くことが可能。折りたたみができるほか、キャリングポーチも備え、持ち運ぶこともできる。


折りたたみができ、充電台にもコンパクトに収納

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]