logo

英国の建設業界、2040年にはロボットやAIで60万人超の雇用消失--新技能の習得が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国の建築関係コンサルタント企業Maceは、ロボットや人工知能(AI)といった技術の影響により、英国の建設業界では2040年までに60万人分以上に相当する仕事が自動化される、という調査結果を発表した。自動化で雇用が失われるため、関係者は新たな技能の習得に迫られるという。

 Maceは、クラウドコンピューティング、モノのインターネット(IoT)、AI、ロボット、自動運転車といった技術を「Industry 4.0」(「産業4.0」)と総称し、新たな「産業革命」をもたらすと考えている。建設業界がIndustry 4.0へ移行し、生産性向上に貢献する技術を取り入れるために、人材の再教育が必要だとした。

 さらに、現役世代の再教育へ注力すると同時に、技術を得意とする新世代に魅力的だと思ってもらわない限り、新たな産業革命でもたらされるであろう生産性向上のメリットが得られない、と警告している。逆に、生産性ギャップを埋められれば、2040年には年間250億ポンド相当の経済効果が見込めるそうだ。

 英国の建設業界が2040年までに必要とされる技能を獲得するには、3D印刷、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)などの技術を人材育成プログラムに導入するべきだという。また、現在の徒弟制度的な技能伝承でなく、最新の建築手法を反映させた教育カリキュラムの必要性も訴えた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]