logo

「fake news(偽ニュース)」が2017年の単語に--ハーパーコリンズの英語辞典

Gael Fashingbauer Cooper (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月07日 14時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この記事は偽ニュースではない。そうではなく、 HarperCollinsが発行する英語辞典「Collins Dictionary」の「今年の単語」に、「fake news(偽ニュース)」が選出されたのだ。1語ではなく2語からなる言葉であるにもかかわらずだ。

 Collinsによると、「この言葉は2016年以降、365%という前例のない使用増加がみられた」という。

 Collinsはこの言葉の定義について、「虚偽で、しばしば煽情的でもある情報で、ニュース報道を装って拡散されるもの」を意味するとしている。

 Collinsのウェブサイトでは、候補となった複数の言葉も公開している。「Antifa(反ファシズム)」「fidget spinner(ハンドスピナー)」「gender-fluid(性別が流動的)」「echo chamber(エコーチェンバー)」「gig economy(ギグエコノミー)」がいずれも候補リストに入っている。

 Collinsは即興演劇グループのThe Free Associationと協力して、偽ニュースを強調する偽のニュース放送も作成し、YouTubeで公開している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集