logo

セガ、テンセントとの協業により中国市場向けにPCゲームを配信

佐藤和也 (編集部)2017年11月06日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガゲームスは11月6日、中国のTencent Holdings(テンセント)と協業により、同社が中国を中心に展開するPC向けゲームプラットフォーム「Tencent WeGame」へゲームソフトを配信すると発表した。

 Tencent WeGameは、テンセントが運営するPC向けデジタルゲームの配信サービス。現在、90タイトル以上のゲームを配信し、登録ユーザー数は2億人、DAU(Daily Active User)は、3300万人を超えているという。

 今回の協業は、セガゲームスが中国市場への取り組み強化の一環として行われるものとしている。第1弾の配信タイトルは、2008年にPS3用ソフトとして発売したシミュレーションRPG「戦場のヴァルキュリア」を予定している。

Tencent WeGame向け第1弾タイトルである「戦場のヴァルキュリア」(日本名)
Tencent WeGame向け第1弾タイトルである「戦場のヴァルキュリア」(日本名)
(C)SEGA

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]