logo

バーチャル建造物を作ってドローンを飛ばす--DroneBaseのAR新機能「AirCraft」

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月06日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DJIのドローンを飛ばして、空中でバーチャルなLEGO風ブロックを使って遊べる機能を提供しようとしている企業がある。その企業はDroneBaseだ。DroneBaseはドローンパイロットを使って、航空写真や動画を撮影したり、損傷を受けた屋根や携帯電話の中継塔、売却地を調べたりする企業だ。今回、DroneBaseは「AirCraft」という新機能(ベータ版)を同社のアプリに追加した。このアプリは、趣味でドローンを操縦する人も使うことができる。

 筆者はサンノゼの公園で、この新機能を試してみた。このアプリでは、ドローンが空中でホバリングしている間、指を使ってスマートフォンの画面に書き込めるだけでなく、作成したブロック作品の中や周り、内部の端から端までをドローンに飛行させることもできる。

 画面上でブロックの色や素材をタップした後、それをドローンのカメラの約10m前に置く。DJIドローンのコントローラ上部の左右に配置されたボタンも使えるので、コントローラから手を離す必要はない。


提供:Sean Hollister/CNET

 最高にクールなのは、自分の作品の位置情報がDroneBaseのデータベースに保存されることだ。そのため、このアプリを使用するほかのユーザーがその場所でドローンを飛ばした場合、理論上、そのユーザーがあなたの作品に遭遇し、それをさらに発展させる可能性もある。

 現在のところ、ブロックの作品は多少「移動」する。作品は空中の正確な位置にしっかりと固定されているわけではない。ある程度の誤差があり、それは今日のドローンに組み込まれた高度計にも当てはまるからだ。


提供:DroneBase

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]