logo

完全ワイヤレスタイプも続々登場--注目のBluetoothイヤホン、ヘッドホン - 2/12

加納恵 (編集部)2017年11月05日 10時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニーは、ノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-1000X」に3つの後継モデルを発表。そのうちの1モデルが完全ワイヤレスタイプの「WF-1000X」(想定税別価格:2万5000円前後)だ。ノイズキャンセリング性能を備え、アプリによる外音取り込みのレベルやサウンドエフェクトのカスタマイズにも対応。専用ケースから取り出すことで自動的に電源がオンになり、ケースに収納することで電源がオンになるなど、スマートな使い勝手を提供する。

 本体のみで3時間、ケースで2回分の充電が可能。ハイブリッドイヤピースのほか、トリプルコンフォートイヤーピース、フィッティングサポーターを同梱する。
Scroll Right Scroll Left

 ソニーは、ノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-1000X」に3つの後継モデルを発表。そのうちの1モデルが完全ワイヤレスタイプの「WF-1000X」(想定税別価格:2万5000円前後)だ。ノイズキャンセリング性能を備え、アプリによる外音取り込みのレベルやサウンドエフェクトのカスタマイズにも対応。専用ケースから取り出すことで自動的に電源がオンになり、ケースに収納することで電源がオンになるなど、スマートな使い勝手を提供する。

 本体のみで3時間、ケースで2回分の充電が可能。ハイブリッドイヤピースのほか、トリプルコンフォートイヤーピース、フィッティングサポーターを同梱する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]