logo

Apple TV向け「tvOS 11.2」ベータ版リリース

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年11月01日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 180ドルの「Apple TV 4K」をレビューした際、筆者は多くの要素を好ましく感じたが、1つだけ気に入らなかった重要な点がある。それは、ドルビービジョンを含むあらゆる映像をハイダイナミックレンジ(HDR)に自動変換する機能だ。

Apple TV
提供:Sarah Tew/CNET

 HDRは、現在ホームビデオで利用可能な最高の画質を実現するため、この変換は良いことのように思えるかもしれない。Appleのエンジニアらはそう考えたようだ。Appleは筆者に対し、自動変換の狙いはユーザー体験を改善し、テレビが異なる信号に合わせて調整中に発生するブランク画面などの中断を最小限に抑えることだと述べていた。

 では、何が問題なのか。それは、変換によって特定のテレビで「HDR」または「ドルビービジョン」の通知が誤って表示されるために混乱が生じたことだ。また時には番組によって、実際のところ画質が損なわれることもあった。筆者はたとえば、一部の番組で映像のノイズが増えたことに気づいた。そのため、次のように指摘したのだ。

 この問題は簡単に解決できる。Appleは、4K HDRへの変換を無効にし、実際のHDR映像だけにHDRを表示する「ネイティブ」モードを有効にすればいい。筆者がそのような措置を提案したところ、Appleは検討すると答えた。

Apple TV
提供:Sarah Tew/CNET

 米国時間10月30日に開発者に配布された「Apple TV」向けソフトウェアのアップデート「tvOS 11.2」ベータ版のリリースノートによると、Appleは筆者の助言を受け入れたようだ。

  • Apple TV 4Kで、映像コンテンツのネイティブフレームレートおよびダイナミックレンジに切り替える自動モード
  • HDRで実行中、GPUへの負荷が大きいアプリ向けに、Apple TV 4Kのディスプレイ出力を標準ダイナミックレンジ(SDR)に切り替える機能のサポート
  • 未視聴のカテゴリを、映画、テレビ番組、ホームビデオ向けホームシェアリングで復元する機能

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]