logo

Facebook、個人間売買「Marketplace」で中古車情報を拡充へ

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年10月27日 12時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは1年余り前、近隣地域のFacebookユーザー間で新品や中古品を売買できるプラットフォーム「Marketplace」を米国でリリースし、その後欧州などに提供を拡大している(日本では未提供)。

 そのMarketplaceの米国版で、中古車情報が拡充されることになった。Facebookによると、中古車は取り引きが特に活発なカテゴリだという。

 Facebookは米国時間10月26日、今後数週間以内に、製造年、メーカー、モデル、走行距離、車種、トランスミッションで検索できるフィルタをMarketplaceに追加すると述べた。また、FacebookがEdmundsやCars.comのほか、いくつかの自動車販売会社と結んでいるパートナーシップを通じて、自動車ディーラーから提供される情報も追加される。

 Facebookによる支払いオプションや評価システムは用意されていない。

 また、FacebookはMarketplaceページ上で広告配信のテストを開始したばかりで、このサービスには課金していない。

 Facebookは今後、住宅賃貸、求人、イベントチケットなど、さらに多くのカテゴリをテストしていくと述べた。


提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]