logo

アマゾン、「Kindle」アプリを大幅アップデート--米国版はSNS機能を拡大

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月25日 13時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは電子書籍用の「Kindle」読書アプリを定期的にアップデートしているが、米国時間10月24日、大幅な変更を施した「iOS」版と「Android」版の新バージョンをロールアウトした。最新版では、ソーシャル読書サービス「Goodreads」(Amazonが2013年に買収)の機能が大きく拡大している。

 今のところ、Goodreadsの新しいソーシャル機能を利用できるのは米国のiOS版ユーザーだけだが、Amazonによると、それらの機能は今後Android版アプリにも追加される予定だ。


新バージョンでは本の表紙が大きく表示されるようになった。
提供:David Carnoy/CNET

Goodreads機能が統合され、何を読んだかを共有しやすくなる(現在は米国のiOS版のみ)。
提供:David Carnoy/CNET

 そのほかの主なアップデートとして、ライブラリビューで本の表紙がこれまでより大きく表示されるようになったほか、検索機能(検索バーがアプリの画面上部に常時表示される)や背景テーマ(「Light」か「Dark」が選択可能)、フォント、画面下部のナビゲーションバー(今読んでいる本のアイコンを表示する)も新しくなった。

 iOS版Android版の新Kindleアプリは、既に提供が開始されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]