logo

自動車部品のデルファイ、nuTonomyを買収へ--自動運転車の開発を強化

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月25日 09時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DelphiとnuTonomyは長年にわたり、それぞれ異なるアプローチで個別に自動運転車分野に取り組んできた。しかし今回、自動運転を一般大衆に提供するために力を合わせることにしたという。


提供:nuTonomy

 DelphiはnuTonomyを4億5000万ドルで買収することに合意した。最初に4億ドルを支払い、5000万ドルはアーンアウトとして支払うという。GMとCruise Automationのケースと同様に、nuTonomyは今後も、半独立状態で運営を続行する。つまり、nuTonomyという社名はなくならない。

 Delphi幹部らは電話会見で、今回の買収の主な理由として、スキル、スピード、スケールの3つを挙げた。スキルに関しては、nuTonomy買収に伴い、100人を超える従業員がDelphiで自動運転を担当する「Ottomatika」チームに加わることになる。Delphiは2015年に、カーネギーメロン大学のスピンオフ企業だったOttomatikaを買収した。そのソフトウェアは、Delphiの自動運転システムの「頭脳」として利用されている。

 スピードとスケールに関しては、これだけ多数の人材を集結させることによって、自動運転プラットフォームを大規模に展開するというDelphiの目標達成に向けて加速する狙いだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]