logo

東京モーターショー2017開幕--注目のAIを活用したコンセプトカーも

坂本純子 (編集部) 山川晶之 (編集部)2017年10月25日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月27日から11月5日まで、第45回東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催される。一般公開に先立ち10月25日、報道関係者向けのプレスデーがスタートした。

東京ビッグサイト西第1ホールにあるトヨタブース。AIがドライバーを理解し、ともに成長する「愛車」をコンセプトとした「TOYOTA Concept-愛i」
東京ビッグサイト西第1ホールにあるトヨタブース。AIがドライバーを理解し、ともに成長する「愛車」をコンセプトとした「TOYOTA Concept-愛i」

 テーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」。乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、自動車関連サービスを含む総合ショーとして、世界10カ国から150社・団体の出展者が東京ビッグサイトに集結する。

 乗用車ではボルボ・カー、二輪車ではハーレーダビッドソンが復帰するほか、スウェーデンの商用車メーカー、スカニアが初出展する。また、会場である東京ビッグサイトは、東7/8ホールが増設されたことにより、前回を超える展示面積規模での開催となる。

 プレスデーの25日は、各自動車メーカーがコンセプトモデルを発表。多くのメーカーで、EVなどの電動化やAI・自動運転についての言及が目立った。トヨタでは、AIがドライバーを理解し、ともに成長する「愛車」をコンセプトとした「TOYOTA Concept-愛i」や、車載通信機を搭載した「CROWN Concept」などを発表。レクサスも、自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開した。


「LS+ Concept」

 また、日産はクロスオーバー型EVの「NISSAN IMx」を初公開。「日産リーフ」に搭載している「プロパイロット」を進化させ、完全自動運転を実現しているという。スバルでは、進化型アイサイトと高度運転支援技術を搭載したコンセプトカー「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を初公開した。同社では、北海道に自動運転向けのテストコースを設置したと10月23日に発表している。


「NISSAN IMx」

「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」

 フォルクスワーゲンブースは、「We make the future real」をテーマに、クルマの未来を具現化した電気自動車「I.D シリーズ」から2022年の生産が決定している「I.D BUZZ」などを展示している。

ヘッドマウントギアを用いて動画などを見ることで動く脳波をもとに、その人に最適な1台を提案するバーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」
ヘッドマウントギアを用いて動画などを見ることで動く脳波をもとに、その人に最適な1台を提案するバーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」

 電気自動車「I.D CROZZ」のエクステリアやインテリアをバーチャルに体験できるブース「VR Experience」、ヘッドマウントギアを用いて動画などを見ることで動く脳波により、その人の潜在意識を読み取って最適な1台を提案するバーチャルショールーム「Intuitive Car Finder」、展示車両のARマーカーにスマートフォンやタブレット端末をかざすと、クルマの魅力や機能を研究員のフィギュアが紹介するAR Experience「Tech Labo」などにより、フォルクスワーゲンが描く未来を体験できる。

2022年の生産が決定している「I.D BUZZ」
2022年の生産が決定している「I.D BUZZ」

 アウディ(東5ホール)のブースでは、「AIエクスペリエンス」をテーマに、2017年にフランクフルトモーターショーで発表したレベル4と呼ばれる高度な自動運転技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデル「Audi Elaine concept」や「New Audi A8」を展示。このほかにも、日本初出品5台を含む合計9台を展示している。

「AIエクスペリエンス」をテーマにしたアウディブース
「AIエクスペリエンス」をテーマにしたアウディブース
2017年にフランクフルトモーターショーで発表したレベル4と呼ばれる高度な自動運転技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデル「Audi Elaine concept」
2017年にフランクフルトモーターショーで発表したレベル4と呼ばれる高度な自動運転技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデル「Audi Elaine concept」

-PR-企画特集