logo

グーグル、タッチスクリーン搭載の「Google Home」を開発中?

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)2017年10月24日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新の「Google App 7.14.16 beta」のコードに、未発表のタッチスクリーン搭載「Google Home」デバイスの存在を示唆する記述が発見された。これが実際に発売されれば、同じくタッチスクリーンを備えるAmazonの「Echo Show」と競合することになりそうだ。


Google Home
提供:File photo

 「Android」関連情報サイトのAndroid Policeが、このコードに「Quartz」というコードネームが含まれることを最初に発見した。同サイトによると、これはタッチスクリーンを搭載したGoogle Homeが、各種のオンスクリーン機能、例えば天気予報、インタラクティブタイマー、YouTube動画再生、簡単なウェブブラウザ、フォトギャラリー、企業情報を含む「Google Maps」などを提供する可能性を示唆しているという。

 Googleは、この「Quartz」デバイスの存在を認めていない。だが、これは「Googleアシスタント」を新たな形で家庭とオフィスに普及させ、Googleの人工知能(AI)推進の一環として、同社の既存ハードウェア間の接続性を向上させるものになりうる。

 9月にはTechCrunchが、Googleは「Nest」やその他のスマートホームデバイスを制御するスマートハブとして機能する、タッチスクリーン式のホームデバイスを開発中だと報じていた。記事によると、Google社内でのコードネームは「Manhattan」で、AmazonのEchoと同様の7インチ画面を持つという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集