logo

ドコモ冬春モデル、2画面スマホが注目される理由--高畑充希さんらが使いたいサービスは

坂本純子 (編集部)2017年10月21日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月18日、2017~18年冬春モデルとなる新製品を10月26日から順次発売すると発表した。

 今回の発表のテーマは“Realize”。NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏は、「ドコモは4月に『beyond宣言』として、お客様の期待を超える驚きと感動、ビジネスパートナーとの競争によって新しい価値の提供を目指すと宣言した。今回は、beyond宣言を着実に実行フェーズに移すという強い気持ちを込めて、このキーワードを選んだ」と説明した。

発表のテーマは“Realize”
発表のテーマは“Realize”

2画面スマホ「M Z-01K」が注目される理由

 今回のラインアップは、スマートフォン13機種、タブレット2機種の全15機種となる。最初に紹介した端末は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZ1 SO-01K」と「Xperia XZ1 Compact SO-02K」だ。シャッターを押す直前の画像を記録できる先読み撮影機能や3D撮影でマチキャラを作成したりSNSのメッセンジャーアプリなどで共有して楽しめる機能などを紹介した。

Xperia XZ1シリーズ。XZ Premiumには新色も登場
Xperia XZ1シリーズ。XZ Premiumには新色も登場
3D撮影機能も注目の一つだ
3D撮影機能も注目の一つだ

 特に記者たちから注目を集めていたのは、2つの画面で複数のサービスを同時に使える折りたたみスマートフォン、ZTE製の「M Z-01K」だ。2画面によって、YouTubeなどの動画を見ながらLINEのメッセージを送ったり、お店の情報を見ながら隣の画面にマップを表示したりできる。

2つの画面で複数のサービスを同時に使える折りたたみスマートフォン、ZTE製の「M Z-01K」
2つの画面で複数のサービスを同時に使える折りたたみスマートフォン、ZTE製の「M Z-01K」

 注目されていた理由は、単に2画面という形状だからではない。実はドコモが主導して企画を手がけた端末であり、日本だけでなく海外でも発売される点にある。すでにAT&TとVodafoneが取り扱うことを決定しており、他のキャリアとも協議中という。

 なぜドコモが海外向けに端末を手がけるのか。「金額は申し上げられないが、販売台数に対するロイヤリティはドコモに入るよう整えている」(吉澤氏)と説明する。

VodafoneとAT&Tの採用が決まっている
VodafoneとAT&Tの採用が決まっている

 一方で、ドコモは4年前にNECカシオ製の2画面スマホ「MEDIAS W」を発売しており、残念ながら成功とは言えなかった。

 この点について、「あれはあれでチャレンジだったが、カメラの画素数、ディスプレイ、CPUも格段に進化した。これもチャレンジだとは思うが、Androidのマルチウインドにも対応している。OSの進化もあって、使い方は従来よりも格段に広がりがあるモデルだと思う」(NTTドコモ プロダクト部長の森健一氏)とアピールした。

-PR-企画特集