logo
Kickstarter

スマホやGoProでワイヤーカム撮影できる「Wiral LITE」--ドローンと違った空撮を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツや音楽ライブといったイベントの中継で、上空からの視点が滑らかに移動して撮影された映像を見たことあるだろう。墜落しかねないドローンの使用が不可能な場面でこうした映像を撮る際は、張り渡したケーブルにカメラをぶら下げて撮影するワイヤーカムというシステムがよく利用される。

 今回は、本格的なワイヤーカム撮影を手軽に実行できる「Wiral LITE」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


本格的なワイヤーカム撮影が手軽に実行できる(出典:Kickstarter)

 Wiral LITEは、「GoPro」のようなアクションカメラ、スマートフォンなどを取り付け、張り渡したケーブル上を移動させながら撮影するためのワイヤーカムシステム。最大で重さ1.5kgのカメラを装着できるので、軽量な一眼カメラにも使えそうだ。

いろいろなカメラが取り付けられる(出典:Kickstarter)
いろいろなカメラが取り付けられる(出典:Kickstarter)

 上下左右へ自由に飛び回れるドローンと違い、ワイヤーカムはケーブルを行き来することしかできず、撮影時に選択可能な構図の幅は狭い。その代わり、墜落しないため、下に人がいる場所で使えて、ドローン飛行禁止エリアでも撮影可能だ。動きがケーブルで制限されるので衝突する恐れもなく、被写体に肉薄できる。狭い屋内や、木が林立する森のような場所でもダイナミックな映像が撮れる。また、安定した状態で徐々に位置を変えながらのタイムラプス撮影など、ドローンでは不可能だろう。


ドローンとは違ったタイプの撮影に(出典:Kickstarter)
このようなタイムラプス撮影など、ドローンでは不可能(出典:Kickstarter)
このようなタイムラプス撮影など、ドローンでは不可能(出典:Kickstarter)

 さらに、バッテリ駆動時間は3時間もあり、ドローンとは比べものにならない長時間撮影ができる。

 折り畳んだサイズは275×77×43mm、重さは600gで、付属のケーブルやリモコンなどと合わせても負担なく持ち運べる。撮影場所では、ケーブルを張り渡して本体とカメラをぶら下げれば、すぐに撮影を始められる。設定には3分もかからないという。ケーブルの長さは50mある。

 撮影位置の移動と移動速度は、リモコンで制御する。移動速度は最高で時速45km。タイムラプス用モードを選択すると、時速0.01kmという低速で移動させながら撮影できる。


リモコンで制御する(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間11月17日まで。記事執筆時点(日本時間10月19日13時)でキャンペーン期間は28日残っているが、すでに目標金額3万ドルの7倍を上回る約22万2000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集