logo

JINS、11月1日からアプリ連携を全店舗で導入--保証書や度数情報を一括管理

佐藤和也 (編集部)2017年10月15日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メガネショップ「JINS」を展開するジンズは、JINSオンラインショップと一部JINS店舗にてトライアルで展開している、スマートフォン向けJINSオリジナルアプリについて、11月1日から全国のJINS店舗にて導入を開始する。店舗とオンラインのサービスを統合し、保証書の管理や近隣店舗の在庫検索などができるようになるという。アプリの対応OSはiOSとAndroidで、利用料は無料。

メガネの保証書などを一括管理
メガネの保証書などを一括管理

 この取り組みは、保証書の紛失やメガネの買い替え時がわからないといった、メガネの購入における根本的な課題やハードル、悩みを解決し、店頭とオンラインを統合することで、今よりもメガネの買い物を便利で気軽なものにするもの。

バーチャル試着の「JINS BRAIN」
バーチャル試着の「JINS BRAIN」

 アプリとの連携により、JINS店舗で購入したメガネの保証書や度数情報の一括管理が可能。各種情報の管理ができるだけでなく、メンテナンス時期や視力測定の時期を知らせるなど、アフターフォローも充実しているという。このほか、アプリ内のコンテンツを利用することで JINSマイルが貯まり、ステージが上がるとクーポンが発行されるという施策や、オンライン上ですでに展開をしている、人工知能によるメガネのレコメンドサービス「JINS BRAIN」、近隣店舗の在庫を確認できるサービスなどもアプリ内に統合し、活用することができる。

 なお、JINSオンラインショップで商品を購入したユーザー向けに、期間限定でVRが体験できる郵送箱で商品を配送。JINSアプリ内の「JINS-VR」をタップし、郵送箱にセットするだけでVRコンテンツを体験できるという。視聴には、JINSアプリのほかに最新バージョンのYouTubeアプリが必要となっている。

-PR-企画特集