logo

露ネット大手YandexもAIアシスタントを正式リリース、その名は「Alice」

George Anadiotis (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年10月11日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアで現地時間10月10日、新たなAIアシスタントが「Alexa」や「Googleアシスタント」「Siri」「Viv」の仲間に加わった。彼女の名前は「Alice」。ロシアのインターネット界における巨大企業、Yandexは未来に向けて壮大な計画を立てており、Aliceはその計画の重要な一部だ。


提供:Yandex

 近頃の多くのハイテクベンダーと同様、Yandexも大量のデータと高度な機械学習(ML)を使って、製品やサービスを開発している。今回のケースでは、Yandexはいつもの作業に加えて、ローカリゼーションや翻訳もする必要がある。かつてGoogleやMicrosoftにいた人材がYandexでその作業に取り組んでいる様子を見ると、Aliceが最先端の技術であることがよく分かる。

 現在、Aliceは検索やニュース、天気、音楽、地図といったYandexのサービス群と連携している。AliceはYandexの検索アプリの「iOS」版と「Android」版に搭載されており、「Windows」向けのベータバージョンも提供されている。「Yandex Browser」を含むほかのYandex製品群も近いうちにこれに続く予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集