logo

日本エイサー、Windows Mixed Realityヘッドセット「AH101」を10月17日に発売

佐藤和也 (編集部)2017年10月06日 17時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは、Windows 10搭載PCで複合現実(MR:Mixed Reality)を体験できるAcer Windows Mixed Reality ヘッドセットコンシュマーバージョン「AH101」(ヘッドセット本体+モーションコントローラー2基セット)を、10月17日に発売すると発表した。同日から各家電量販店とAcer Direct 楽天市場店にて予約を開始。価格はオープンで、Acer Direct楽天市場店における販売価格は、10月6日時点で5万9184円(税込)。

キャプション
「AH101」ヘッドセット本体

 Acer Windows Mixed Realityヘッドセットは、Windows Mixed Realityの空間を体感できる次世代インターフェース。内蔵された2つのセンサがユーザーの動きを瞬時に認識し、360度に広がるスクリーンと連動して壮大な空間を映し出すという。

 ヘッドセット本体には、2つの2.89型液晶ディスプレイを搭載し、解像度は2880×1440ピクセル(単眼で1440×1440)。最大90Hzのリフレッシュレートで表示する。個人差があるIPD(瞳孔間距離)はソフトウェアにより63mm±8mmの範囲で調節が可能。メガネを着けている状態でも違和感なく装着できるとしている。また重量はケーブルを含めず440gとなっている。

 付属されるモーションコントローラは、内蔵する6軸加速度センサと、ヘッドセットのセンサーカメラがコントローラ上のマーカーを読み取り、位置や動き、操作などをヘッドセット内の空間に反映する。重要は電池を含まず125.6gとしている。

  • インサイドアウト方式とアウトサイドイン方式のトラッキングシステムの違い

  • 6自由度(6DOF)という高い自由度の位置トラッキング

  • モーションコントローラ

-PR-企画特集