logo

「Alexa」対応製品のラインアップを増やし続けるアマゾン--その理由とは

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年10月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間9月27日の昼には、米国のAmazon.comのホームページから、気の利いたコーヒーマグやフラミンゴ型の浮き輪、独創的な柄の靴下など、いつも掲載されている商品がほぼ完全に姿を消した。

 その代わりに、Amazonはおそらく最も価値があるオンラインショッピングサイトを、「Alexa」対応の6種類の新製品を紹介する電子機器のサイトに変えてしまった。

 そう、6種類だ。

 Amazonは新「Echo」と、「Echo Plus」「Echo Spot」を発表した。それから、「Echo Connect」と「Echo Buttons」もだ。そしてさらに、Alexaと連携する新型「Fire TV」も発表した。Alexaは、Echoに搭載されている音声アシスタントである。

 これらの新デバイスに先立ち、Amazonは2017年に入ってから別の2つのEchoガジェット(「Echo Look」と「Echo Show」)を発表したばかりだ。それに、2016年には「Echo Dot」と「Amazon Tap」も発表している。このほか、LenovoやAnkerなど、他社が開発したAlexa対応スピーカも存在する。

 Amazonのスマートスピーカは少し種類が多すぎるのではないか、と感じる人もいるかもしれない。そうした印象を抱いている人は、ほかにもいる。

 市場調査会社のOvumでスマートホーム分野のアナリストを務めるFrancesco Radicati氏は9月27日、次のように語った。「私がこのラインアップを見て最初に考えたのは、Amazonに向かって『既に定着しているデバイスのうち、どれを廃止するつもりなのか』と尋ねることだった」

 もちろん、Amazonがこれほど多種多様なAlexaデバイスを作るのには、妥当な理由がある。

 Amazonは2014年にEchoを生み出したとき、同時にスマートスピーカ市場も作り出した。重要なのは、同社がその新市場を独占する状態になっていたことだ。現在では、あらゆる企業がその市場に参入しているように思える。AppleやGoogle、サムスン、ソニーは、多数存在するライバルたちの中の、最も著名な企業群にすぎない。

 Amazonは顧客をつなぎ止めるため、新しい形態のAlexa対応製品を作り続ける必要性を感じているのかもしれない。現在のところ、Amazonは他社に大きな差を付けている。eMarketerによると、米国のスマートスピーカユーザーの10人に7人はAmazonの製品を使っているという。2位はGoogleだが、Amazonに大きく引き離されている。

 この戦略は裏目に出る可能性もある。Amazonは非常に多くのモデルを発表しているので、その一部が失敗作になる可能性もある。さらに、どのEchoスピーカがどのような機能を搭載するのかについて、顧客が混乱するおそれもある。

 さらに、Amazonのデバイス群が、GoogleやAppleなどのスピーカとではなく、自社製品同士で争い合うことになる可能性もある、とOvumのRadicati氏は話す。例えば、ディスプレイを搭載する129.99ドルのEcho Spotは、Echo Spotとよく似ているが大型の229.99ドルのEcho Showから、売り上げを奪うかもしれない。

 Amazonによると、包括的なラインアップとさまざまな価格の製品が存在することで、Alexaをより広範な顧客層に普及させられるのだという。

 AmazonのEchoデバイスおよびAlexa担当ディレクターのMiriam Daniel氏は9月27日、「各自のライフスタイルや家庭でのさまざまなニーズに合わせて製品を選んでもらえるように、顧客に選択肢を提供する。音声のみのデバイスでニーズを満たせることもあれば、視覚的な体験が必要なこともある」と述べている。

figure_1
AmazonのEchoラインアップに加わったさまざまな製品群。
提供:Ry Crist/CNET

-PR-企画特集