logo

キュア・アップ、禁煙治療アプリを保険適用へ--約600人を対象に病院で臨床試験へ

坂本純子 (編集部)2017年10月03日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 医療テクノロジベンチャーのキュア・アップは10月2日、ニコチン依存症を治療するアプリ「CureApp 禁煙」の治験を開始すると発表した。

 現在の医薬品+通院タイプの禁煙外来の診療に加えて「治療アプリ」とポータブル呼気CO測定IoTデバイスを用い、個々に応じた適切なフォローによって治療効果を高めようという試みだ。

ニコチン依存症を治療するアプリ「CureApp 禁煙」
ニコチン依存症を治療するアプリ「CureApp 禁煙」

 2014年末に行われた薬事法改正により、診断・治療を目的としたソフトウェアを医療機器の範囲に加えられるようになった。すでに、医療関係者間向けの汎用画像診断装置用プログラムアプリが承認されている例がある。

 キュア・アップは禁煙治療アプリの健康保険の適用に向けて、10月下旬より慶應義塾大学病院、さいたま市立病院を含む20~30の医療機関で臨床試験を開始する。

 臨床試験は、禁煙外来患者の中から同意を得られた人を対象に無作為に振り分け、本来の治療アプリを使った「治験治療群」とフラシーボを検証するためのシャム用アプリを使った「対照群」をそれぞれ290例を観察する。12週間の喫煙外来と、~24週までのアプリ使用期間、~52週間の経過観察をし、主要評価項目として、9~24週の継続禁煙率を比較するという。

治験の概要
治験の概要
治験の流れ
治験の流れ
治験の実施体制。オールジャパン体制で挑む
治験の実施体制。オールジャパン体制で挑む

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]