logo

グーグルとアマゾンに不和?YouTubeが「Echo Show」で利用不能に

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月28日 08時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AmazonとGoogleの間のいざこざが原因で、YouTubeが「Echo Show」で視聴できなくなった。Echo Showは、Amazon初のタッチスクリーン内蔵スマートスピーカだ。

 5月に発表されたEcho Showでは、カレンダーを参照して予約を確認したり、天気予報を表示したりすることができる。米国時間9月26日までは、YouTube動画を視聴することもできた。今はそれができなくなっている。

Echo Show
Echo ShowでYouTubeを見ることができなくなった。
提供:Chris Monroe/CNET

 高い人気を誇るGoogle傘下の動画共有サイトであるYouTubeは、Echo ShowでのYouTubeの動作をめぐる意見の対立が原因で、Amazon製品で視聴できなくなっているらしい。どちら側に問題があるのかははっきりしていない。

 Amazonによると、Googleは26日午後にEcho ShowにおけるYouTubeのサポートを停止したという。Amazonは次のように述べている。

 Googleは、26日の午後3時頃に変更を適用した。YouTubeはこれまで、Echo Showで利用可能だった。同日午後をもってGoogleは、顧客への説明や通知なく、YouTubeをEcho Show上で利用できなくすることを決定した。その決定に技術的理由はなく、残念なことであり、YouTubeとEcho Showの両方の顧客に不利益を及ぼしている。

 しかしGoogleは、AmazonがYouTubeの提供方法に関する自社の規則に違反したとして同社を非難し、両社間の話し合いがまだ解決に至っていないとしている。

 われわれはAmazonと長期間にわたって交渉を続け、両方のプラットホームの顧客に最良のユーザー体験を提供する合意を模索してきた。Echo Show上のAmazonによるYouTubeの実装は、われわれのサービス規約に違反しており、そのユーザー体験には欠陥がある。早急に合意に達し、問題が解決することを望んでいる。

 今回の動きは、デスクトップ版のYouTubeで普段使えている機能がEcho Showでは利用できないことに関連しているようだ。例えば、動画を共有または推奨したり、コメントを付けたりする機能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]