logo

ダイソン、自社開発の電気自動車を2020年までに発売へ--開発に20億ポンド投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイクロン式の掃除機や羽のない扇風機など個性的な製品で知られる英国の家電メーカーDysonは、自社開発の電気自動車(EV)を2020年までに発売する計画を明らかにした。さらに、開発には20億ポンドの資金を投入するという。創業者であるJames Dyson氏から全従業員へ送られたEV開発計画に関する書簡を、同社の公式Twitterアカウント(@Dyson)が公表したもの。


EV開発計画を従業員へ伝えたJames Dyson氏の書簡(出典:Dyson公式Twitterアカウント)

 書簡によると、Dysonはバッテリで動くEVの開発に着手済みだそうだ。同社および自動車業界の技術者で構成される400人を超える開発チームの編成も始めている。今後、積極的に人材を募っていく方針。

 同社はこれまで家電品を開発することで、バッテリやモーター、ファン、ヒーター、空気清浄といった技術を培ってきた。こうした技術を組み合わせることで、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンから出される排気ガスの問題をエキゾーストパイプでフィルタリングして対策するのではなく、根本から解決できるとしている。

 どのようなEVを開発しているかについて、Dyson氏は現時点で明かせない、とした。ただし、斬新でより優れたものを披露できるだろう、と自信を見せた。


Dyson創業者のJames Dyson氏(出典:ダイソン)

-PR-企画特集