logo

インテル、第8世代「Coffee Lake」プロセッサ群を発表

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月26日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間9月24日、第8世代のデスクトップ向け「Core」プロセッサ群を発表した。同社のプレスリリースによると、ゲーマーやクリエイター、オーバークロッカーを対象にしているという。最上位モデルは「Core i7-8700K」で、Intelは同CPUをこれまでで最高のゲーミングプロセッサと呼んでいる。

 Intelによると、第8世代「Core」プロセッサは「Gears of War 4」などの高負荷のゲームにおいて、フレームレートを2016年の「Kaby Lake」チップとの比較で最大25%向上させるという。クリエイティブなユーザー向けに、第8世代Coreプロセッサ(開発コード名は「Coffee Lake」)は4Kの360度動画を第7世代との比較で最大32%高速に編集できる性能も備える。

Intelの第8世代「Coffee Lake」
提供:Intel

 i7-8700Kのベースクロック速度は3.7GHzだが、4.7GHzまでオーバークロックすることが可能だ。しかし、その変化を実感するのに、最上位モデルを入手する必要はない。第8世代のプロセッサ群は多数のコアを提供する。具体的には、「Core i5」プロセッサは6コア、「Core i3」プロセッサは4コアを搭載する。いずれも、Intelのデスクトップ向けCoreプロセッサの歴史で初めてのことだ。一般的には、コア数が増えれば増えるほど、マルチタスキング性能が向上する。

 第8世代のデスクトッププロセッサ群は10月5日に発売される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集