アップル、「iTunes 12.7」で「App Store」を削除

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月14日 08時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月12日、「Mac」と「Windows」を対象に「iTunes 12.7」をリリースした。このアップデートにより、「iOS」機器向けアプリを提供する「App Store」がこのデスクトップソフトウェアから削除されている。つまり、「iOS」ユーザーは今後、デスクトップからiOSアプリをダウンロードすることはできなくなる。Appleはユーザーに対し、「iOS 11」の「App Store」を使用するように促している。

 iTunes 12.7により、デスクトップ版は、音楽、映画、テレビ番組、ポッドキャスト、オーディオブックに重点を置くことになる。また、「iOS 11」デバイスの同期のサポートが追加されている。Appleは、iOS 11を9月19日に「iPhone」と「iPad」を対象とした無料アップデートとしてリリースすることを発表している。

 iPhoneの着信音セクションも、今回のデスクトップ版iTunesのアップデートで削除されている。「これまでiTunesを使ってAppまたは着信音をiOSデバイスと同期していた場合は、iOSの新しいApp Storeまたは『サウンド設定』を使えば、Macがなくても再度ダウンロードできる」と、Appleはアップデート時に表示されるメッセージでユーザーに通知している。

 AppleはiTunes 12.7のその他の変更点について、同社サポートウェブサイトに以下のように説明している。

  • iTunes U:「iTunes U」コンテンツのコレクションは、iTunesの「Podcast」セクションに表示される。
  • インターネットラジオ:「インターネットラジオ」セクションは、音楽ライブラリのサイドバーに表示される。
  • 着信音:iOS 11では、着信音を直接iOSデバイスに再度ダウンロードすることができ、MacやPC上でiTunesを使用する必要はない。
  • Windows上のブック:「iTunes for Windows」上のブックは、iOS用「iBooks」で管理される。

 同アップデートは、iTunesのソフトウェアアップデート機能によってダウンロード可能だ。


提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加