logo

LTE通信に対応した「Apple Watch Series 3」発表--国内は大手3キャリアで販売

山川晶之 (編集部)2017年09月13日 03時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月12日(米国時間)、スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表した。2016年9月に発表された「Apple Watch Series 2」の後継モデルにあたる。Series 3は、9月15日から予約を開始し、9月22日の発売を予定している。

 Series 3では、これまで通りBluetoothとWi-Fiに対応したモデルに加え、新たにLTE通信対応モデルをラインナップ。Apple Watch単体で通信・通話が可能となった。電話番号はiPhoneと共通化されており、SIMカードの機能を備える超小型のチップを内蔵する。

 CPUは、前モデルから70%高速化されたデュアルコアプロセッサを搭載。W2 Wirelessチップのほか、GPS、防水機能(水泳OK)、気圧高度計を搭載する。Wi-Fi通信速度は85%高速化したほか、電力効率も50%向上しているという。OSは9月19日にローンチ予定の「watchOS 4」を実装する。


主要な機能

 また、LTEモデルでは、サブスクリプション型の音楽サービス「Apple Music」に直接接続でき、Apple Watch上から約4000万曲にアクセスできるようになった。「AirPods」などのBluetoothイヤフォンを接続することで、iPhoneなしに音楽を再生することができる。


「AirPods」があれば、「Apple Watch Series 3」のみで「Apple Music」の音楽が再生できる

 本体デザインはこれまでのモデルを踏襲しており、デジタルクラウン(竜頭)の先端が赤色に変更された。サイズは、Series 2と同じとしている。また、これまでのカラーに加え、新たにセラミックモデルに黒を追加した。

 価格は、アルミニウムボディでBluetooth・Wi-Fi対応モデルが329ドル(国内は税別3万6800円)、LTE通信対応モデルが399ドル(同4万5800円)。ステンレスボディとセラミックボディは、LTE通信対応モデルのみのラインナップとなり、それぞれ6万4800円(税別)、13万9800円(税別)となる。また、初代のSeries 1を249ドル(国内では税別2万7800円)で併売する。

 Series 3は、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、日本、スイス、英国、米国で発売される。国内からは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアから発売することがアナウンスされた。詳細については、キャリア側からの発表が待たれる。

-PR-企画特集