logo

ロジクール、7年ぶりの「ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO」

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2017年09月06日 20時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Logitech Internationalの日本法人ロジクールは9月6日、長時間作業でも快適性を実現する最先端ワイヤレストラックボールマウス「ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO」(型番:MXTB1s)を9月22日よりロジクール製品取扱店で発売すると発表した。参考価格は1万2880円(税別)。

ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO
ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO

 ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGOは、2010年に発売したトラックボールマウス「M570」以来、7年ぶりの新製品だ。究極の快適性と操作性を実現するため、人間の手が最もリラックスできる「より自然に近い手のポジション」を研究し設計した。人の手によって成形された形状で、通常のマウスと比べ筋緊張を20%軽減できるよう開発されている。さらに傾斜角を調節でき、より自然に近い手のポジションで筋疲労を軽減できるとしている。

20度傾けることで、より自然に近い手のポジションで筋疲労を軽減できるという
20度傾けることで、より自然に近い手のポジションで筋疲労を軽減できるという
独自の調節式ヒンジによって、0または20度で最適な角度を選べる
独自の調節式ヒンジによって、0または20度で最適な角度を選べる
ヒンジは簡単に取り外せる
ヒンジは簡単に取り外せる

 アドバンストラッキングおよび、プレシジョンモードボタンにより、ボタンを押すだけでスピードモードとプレシジョンモードを瞬時に切り替えられる。カーソルの速度と精度を変更することで、アプリケーションに合わせて最適なコントロールが可能になる。

 生産性向上に適したティルト搭載プレシジョンス クロールホイールは、水平スクロールとミドルクリックに対応する。このほか、デバイス間を自由自在にファイル移動できるFLOWにも対応し、作業効率や生産性の向上も実現した。

MX ERGOの特徴
MX ERGOの特徴

 1回のフル充電で最長4カ月間、1分の充電で約1日(約8時間)使用できる高速充電バッテリを搭載している。PCとの接続には、同梱のレシーバを使用したUnifyingとBluetoothの2種類に対応する。

 解像度(dpi)は、320-440(初期値は380)。総ボタン数は8個。サイズは、幅51.4mm×高さ132.5mm×奥行き99.8mm。重量は、164g(メタルプレートおよび、レシーバ除く)。耐久性にも優れており、1000万回のクリックが可能としている。

 ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山大氏は、「7年の時を経て、これまでの思いをのせて世界最高峰のトラックボールマウスをリリースする。本当にお待たせした。多くのプロトタイプをつくり、さまざまな経緯があってこの形状になった。一度触れたらもう手放せないというメッセージを自信を持ってお届けしたい。トラックボールマウスのファンだけでなく、興味を持っていたけれど使ったことがない人にぜひ使ってほしい」と意気込みを語った。

ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山大氏
ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山大氏
公開したプロトタイプ。実はトラックボールの色にもセンサとの相性があり、最適なカラーが選ばれたという
公開したプロトタイプ。実はトラックボールの色にもセンサとの相性があり、最適なカラーが選ばれたという
さまざまな角度のプロトタイプが作られている
さまざまな角度のプロトタイプが作られている
ほぼ最終形に近いプロトタイプと新製品
ほぼ最終形に近いプロトタイプと新製品

 また、これまで付属品だったUnifyingレシーバを「ロジクール USB Unifying レシーバー」として同時に発売する。価格はオープンで、参考価格は1130円(税込)。

 Unifyingレシーバーは、最大6台の対応キーボードとマウスを1台のPCで接続できるようになるUSBレシーバー。対応OSは、Windows 7/8/10以降、Mac OS 10.10以降。操作距離は、約10m。主な対応マウスは、MX MASTER 2S、MX MASTER、MX ANYWHERE 2S、MX ANYWHERE 2、MX ERGO、M720、M705t、M590、M585、M546、M545、M331、M330、M325t、M235r、M570t。

 主な対応キーボードは、K800、K780、K750、K370s、K360、K275、K270、K230、K400、K375s、KX1000s。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]