logo

映画館向けの聴覚障がい者用字幕配信サービスでエプソンのスマートグラスを貸出

佐藤和也 (編集部)2017年09月05日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソン販売は9月5日、同社のスマートグラス「MOVERIO」(モベリオ)が、映画館向けの聴覚障がい者用字幕配信サービスに採用されたと発表した。9月9日から公開される劇場作品「三度目の殺人」より、全国4劇場においてMOVERIOが貸出される。

「MOVERIO」利用イメージ
「MOVERIO」利用イメージ

 この取り組みは、バリアフリー上映のさらなる普及に向けて映画業界全体で進めてきたもの。エプソンのほか、字幕表示アプリ「UDCast」(ユーディーキャスト)の開発・運営を行うPalabra、音響通信ソリューション「Another Track」(アナザートラック)を開発したエヴィクサー3社の協力によるものとしている。

 貸出を行う映画館は東京の立川シネマシティ、神奈川の川崎チネチッタ、名古屋のミッドランドスクエアシネマ、大阪の大阪ステーションシティシネマの4館。事前予約制となっており、詳細は予約サイトに記載されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]