logo

Beats、W1チップ搭載のワイヤレスヘッドホン「Studio3 Wireless」を発表

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年09月05日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Beatsが2016年にヘッドホンのラインアップをアップデートしたとき、1つのヘッドホンがそのアップグレードリストに含まれていないことが目を引いた。同社の旗艦製品である「Studio Wireless」オーバーイヤーヘッドホンだ。それから約1年が経過した今、新しい「Studio3 Wireless」(「3」は第3世代を表す)がようやく登場した。価格は3万4800円(税別)で、既に予約受付が開始されている。出荷は10月中旬の予定だ。

Studio3 Wireless
提供:Beats by Dre

 重要な変更点は全て内側にある。ヘッドホンを分解して内側を確認することはできなかったが、Beatsによると、同社はこのヘッドホンの心臓部つまりDNAを完全に再設計しており、新しいドライバだけでなく、ほかのBeatsワイヤレスヘッドホン(「PowerBeats3 Wireless」「Solo3 Wireless」「BeatsX」)やAppleの「AirPods」と同じAppleの「W1」チップを含む新しい回路も搭載したという。

 W1チップは、ヘッドホンとApple製デバイスの接続を極めて容易にするほか、バッテリ持続時間の延長にも貢献する。Studio3 Wirelessのバッテリは、ワイヤレス再生とノイズキャンセリングを有効にした状態で最大22時間持続する。これは前モデルの2倍の長さだ。ノイズキャンセリングを無効にすると、バッテリ持続時間は最大40時間まで延びる。また、「Beats Fast Fuel」機能によって、わずか10分間の充電で3時間の再生が可能だ。


ボタンやコントロールは同じだ。
提供:David Carnoy/CNET

 バッテリ持続時間のほかにも、2つの重要なアップグレードがノイズキャンセリングと音質に加えられている。この新しいStudio Wirelessと第2世代のStudio Wirelessの音質を短時間比較してみたところ、最新モデルの方がクリーンなサウンドで、低音の解像度も優れていたほか、サウンドの自然さも若干勝っていた。

 ノイズキャンセリングの性能向上はそれよりもはるかに明白だ。Beatsの新しい独自ノイズキャンセリング技術「ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)」は周囲の環境音を常にモニタリングし、装着者の周囲の音(飛行機や電車、レストラン、風の音など)に合わせてノイズキャンセリングを調整する。

 Studio3 Wirelessは、それぞれのイヤーカップの内側にマイクを搭載しており、ヘッドホンの装着具合に合わせてノイズキャンセリングを調整し、「髪の毛やメガネ、さまざまな耳の形、日々の活動を行う装着者の頭の動きによって引き起こされる音漏れ」を考慮して調節すると、同社関係者は筆者に話してくれた。

Studio3 Wireless
提供:David Carnoy/CNET

 Studio3 Wirelessのベースカラーは4種類(ホワイト、レッド、ブルー、マットブラック)で、スペシャルエディションカラーも2種類(シャドーグレイ、ポーセリンローズ)用意される。

Studio3 Wireless
折りたたむと、前モデルのハードケースにぴったり納まる。
提供:David Carnoy/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]