logo

Facebook、動画サービス「Watch」を米で提供開始

Jonathan Chadwick (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年09月04日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間8月31日、米国で「Watch」動画サービスの提供を開始した。

 8月に入ってテストが開始されたWatchは、友達が視聴しているコンテンツをもとに番組を発見したり、番組のエピソード再生中にほかの視聴者と会話したりできる機能をユーザーに提供する。


提供:Facebook

 このサービスには、メジャーリーグベースボール(MLB)のようなスポーツ中継だけでなく、Vox Media、BuzzFeed、Discovery Communications、A&E Television Networks、The Walt Disney Company傘下のABCなどのコンテンツも含まれる。

 Facebookは関心を促すため、当初、番組を制作するコンテンツクリエイターに金銭も支払う。5月に情報筋がReutersに述べたところによると、短編番組には1万ドル~3万5000ドル、長編番組には最大25万ドルが支払われるという。

 Facebookは、最終的にはあらゆる人々が番組を配信できるようにプラットフォームを開放することを計画している。

 広告売り上げの55%はコンテンツパートナーに分配され、残りはFacebookの取り分になるという。Facebookのパートナーシップ担当バイスプレジデントのDan Rose氏によると、Facebookは現在、番組内で広告を効果的に表示する方法をテストしている。

 だが、Rose氏はコンテンツの購買を戦略の中核にするつもりはない、と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集