「LINEチケット」が2018年に開始--LINEでチケットやりとり、転売対策も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは9月1日、アミューズ、テイパーズとの共同出資による新会社「LINE TICKET」を設立したと発表した。資本金は3億5000万円。また、バンダイナムコライブクリエイティブ、エンジンとの資本業務提携も発表した。

 LINE TICKETでは、電子チケットサービス「LINEチケット」を2018年中に開始する予定。メッセージアプリ「LINE」上で、主催者とユーザーやユーザー間でのチケットのやり取りを可能にするほか、LINE IDを活用した転売対策をするとしている。

 同社では、現在のチケット流通における不正転売問題、公式リセールなどの課題を解決するとともに、ライブコンサートだけでなく、舞台やスポーツなど、あらゆるエンターテインメントライブ産業の発展に寄与するとしている。また、チケットの健全な二次流通を実現すべく、主催者公認かつ市場原理に即した価格設定を可能にする、二次流通の仕組みの構築を検討するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加