logo

キヤノン、薄型・軽量ボディのミラーレスカメラ「EOS M100」--関連アクセサリも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月29日、3色のボディカラーと9種類のフェイスジャケットの組み合わせで、自分好みの外観にコーディネート可能なミラーレスカメラ「EOS M100」を10月上旬より発売すると発表した。

 キヤノンオンラインショップの価格は、ボディ単体が5万3500円、EF-M15-45 IS STMレンズキットが6万8500円、EOS M100ダブルレンズキットが8万2500円、EOS M100ダブルズームキットが9万1500円(いずれも税別)。ボディカラーとして、ホワイト、ブラック、グレーの3色をラインアップする。

ブラックブラック
グレーグレー

 EOS M100は、2015年10月に発売した「EOS M10」の後継機となるミラーレスカメラ。簡単・手軽な操作を特徴とし、レンズ交換式カメラを初めて使用するユーザーや、より高画質な写真を撮影したいスマートフォンユーザーのステップアップ機としての利用を想定している。

 3色(ホワイト/ブラック/グレー)のボディカラーに加え、ユーザーの好みでコーディネートできる9種類のフェイスジャケット(キヤノンオンラインショップ限定販売)により、ファッションやインテリアに馴染むよう自分好みに外観をコーディネートできる。


 センサには、APS-Cサイズの約2420万画素のCMOSセンサを採用し、最新の映像エンジン「DIGIC 7」を搭載。静止画撮影時に常用ISO25600の高感度を実現しているため、夜景などの暗い場所でも、上位機種と同等のノイズを抑えた高感度撮影が可能だという。

 また、撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載し、高速AF・高画質での撮影を実現している。

 スマートフォンなどの携帯端末への接続手段としは、Wi-Fi/NFC/Bluetoothに対応。カメラの電源がOFFになっている状態でも、Bluetoothで接続されていれば、携帯端末からカメラ内の画像を閲覧できる。

 モニタは、ワイド3.0型(TFT/約104万ドット)で上方向に約180°のチルト式。付属のバッテリパック「LP-E12」で、約295枚(CIPA試験基準による)の写真、約1時間20分のムービーが撮影できる。

 サイズは、幅約108.2mm×高さ67.1mm×奥行き35.1mm。重量は、本体のみで約266g。

 このほか、シャッター速度換算で4段分のIS(手ブレ補正機構)を搭載した大口径中望遠単焦点レンズ「EF85mm F1.4L IS USM」(希望小売価格:税別20万円)を2017年11月下旬。レンズの光軸を傾けるティルトとレンズの光軸を平行に移動させるシフト機能を備え、アオリ撮影が可能な「TS-Eレンズ」シリーズのラインナップとして、「TS-E50mm F2.8Lマクロ」「TS-E90mm F2.8Lマクロ」「TS-E135mm F4Lマクロ」の3機種(希望小売価格:いずれも税別31万5000円)を2017年12月下旬に発売する。


EF85mm F1.4L IS USM
TS-E50mm F2.8L マクロTS-E50mm F2.8L マクロ
TS-E90mm F2.8L マクロTS-E90mm F2.8L マクロ
TS-E135mm F4L マクロTS-E135mm F4L マクロ

 加えて、2001年12月に発売した「マクロツインライト MT-24EX」の後継機として、可動式の発光部2灯(両側発光時最大ガイドナンバー約26.0)を備えた外部ストロボ「マクロツインライト MT-26EX-RT」(希望小売価格:税別12万9800円)を2017年11月上旬に発売する。

EOS 5D Mark IVに装着時EOS 5D Mark IVに装着時

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]