logo

「Essential Phone」試用レビュー--大胆で美しく、初代らしいスマートフォン - (page 2)

Jessica Dolcourt Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年08月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Essential Phoneのカメラ:画像は良好だが、操作にもたつき

 Essentialから試用に提供されたソフトウェアは最終バージョンではないため、米CNETによるカメラテストの結果は、最終的に仕上がってからの製品とは異なるかもしれない。ともあれ、われわれの実体験と、特に改善が必要と考えられる点を率直にお伝えする。

  • 13メガピクセルのデュアルカメラレンズは、カラー(RGB)とモノクロ
  • 前面カメラは8メガピクセルで、中央に配置されているため自撮りに適している
  • モノクロカメラで、白黒写真を撮影できる
  • ポートレートモードは未実装だが、Essentialによると、後で追加される予定だという
  • マニュアル操作やフィルタはない(Essentialはギミックを排したというが、ユーザーの需要によっては追加する可能性がある)
  • 撮影した写真は、サムスンのGalaxy S8と比べると、明るさも色合いも及ばないが、きめ細かさは若干勝っている
  • バーストモードはなく、フォーカスと処理にかかる時間はGalaxy S8より長い
  • バグが多く、ときどきクラッシュする(Essentialはすでに確認済みで、修正中とのこと)

Essential Phoneで撮影。
提供:Jessica Dolcourt/CNET

 米国時間8月18日には、カメラアプリの機能を向上させるソフトウェアのアップデートバージョンが提供された。バグが修正されたほか、HDRモード(複数の露出度で撮影した一連の写真をマージする機能)が追加されている。これも最終バージョンではないが、当初確認されていたカメラアプリのバグは一部解決している(ひと安心だ)。

 では、どう変わったか見てみよう。カメラの起動は以前より速くなったが、まだ若干の遅れがある。特に、HDRモードのオンとオフを切り替えるときには顕著に感じられる。ボタンをちゃんとタップできたのかどうか不安になるくらい、目立つ遅れだ。

 「Auto」モードと「Mono」モードで撮影した画像はきれいに見える。実際に使ってみると、Monoのスナップ撮影のほうが、キャプチャ時間が短い。Autoモードでは、写真を撮影してから、次の撮影準備ができるまでに若干の待ち時間が発生する傾向がある。

 HDRモードでは、撮影するたびに忍耐力が試される。被写体に焦点が固定されるまで時間がかかる。HDR写真を撮影した後の処理時間も、Galaxy S8などのほかのスマートフォンに比べて長い。実際に撮影したHDRの画質は、さまざまだった。屋外の均等な光のような理想条件下であれば、画像は鮮明で、自然な発色になる。だが、低照度の状況下では、HDR写真はノイズリダクションをかけすぎたかのように、過度に滑らかに見えた。

 今のところ、動画撮影は実用に耐えるという程度で、感心するほどではない。影部分でピクセルが目立つし、手ブレ補正機能は(光学でもデジタルでも)備えていないように見える。他社のフラグシップモデル「iPhone 7 Plus」とGalaxy S8には、どちらも手ブレ補正機能がある。Essentialには、最終リリースまでに改善すべき点がまだいくつか残っている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]