logo

ニコン、4575万画素のフルサイズ機「ニコン D850」--創立100周年で記念イベントも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは8月24日、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」を9月8日(予定)に発売すると発表した。市場想定価格(税込)は、約40万円前後。

 D850は、ニコン創立100周年を迎えた7月25日に開発発表した製品だ。2014年7月に発売した「D810」の後継機で、ニコンのデジタル一眼レフカメラでは初となる新開発の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサと画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載する。



 有効画素数4575万画素ながら、ISO64〜25600の幅広い常用感度域(ISO32相当までの減感、ISO102400相当までの増感に対応)を実現している。

 また、ボディ単体で約7コマ/秒、マルチパワーバッテリパック「MB-D18」装着時で約9コマ/秒の高速連続撮影が可能。フラグシップモデル「D5」と同じ高速・高精度な153点AFシステムも備え、動きのある被写体をより確実に捉えられるという。

 動画性能も強化し、FXフォーマットベースフルフレームでの4K UHD(3,840×2,160)/30p動画の撮影が可能になった。なお、フルHDでは、被写体の一瞬の動きを印象的に表現できる最大5倍のスローモーション動画にも対応。また、インターバルタイマー撮影を使って8Kのタイムラプス動画を制作できるほか、サイレント撮影やRAW画像のカメラ内一括現像などの新機能を搭載している。

 同社によると、D850は風景やファッション、ウエディング、広告用スポーツ写真などにおけるプロフォトグラファーから、写真愛好家、映像などを使って作品をつくるマルチメディアクリエイターまで、幅広いユーザーの映像表現の可能性を大きく拡げるモデルだという。

 なお同社は、「NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017 -TOKYO&OSAKA-」サイトにおいて、D850に関するコンテンツならびに、イベント情報を追加公開した。


 NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017 -TOKYO&OSAKA-は、ニコン初のファンミーティング。東京(8月26日・27日)と大阪(9月2日・3日)で開催され、D850開発者プレゼンテーションおよび、写真家中野耕志氏、星野佑佳氏によるステージや河野英喜氏によるD850モデル撮影ワークショップのほか、D850ギャラリー(A0サイズ大伸ばし写真と4K動画)、D850モデル撮影体験コーナー、超望遠レンズ体験コーナー、製品説明、相談カウンター、D850製品展示などが用意されている。

-PR-企画特集