logo

Uber、アプリ内にチャット機能を追加

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2017年08月14日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberが、新しいアプリ内チャット機能を発表した。匿名化されたランダムな番号からの音声着信やテキストメッセージが、ユーザーが待っているUberからのものかもしれないという状況は過去の話になりそうだ。

 このチャット機能は、主にドライバーへ指示を送る目的で開発されており、たとえば、条件や乗客を拾う場所などを知らせるのに使われる。運転に支障をきたさないよう、チャットは音声で読み上げられ、ドライバーは親指を立てる「OKサイン」で簡単に返信できる。

 チャット機能は、Uberのアプリのフィード内から利用できる。乗客とドライバーは、チャットが送信されたり、読まれたことを確認できる。

 乗客とドライバーは、連絡のために匿名化された番号を共有する必要がなくなる。Uberは、「アプリ内チャットは、数週間かけて各国の乗客とドライバーに段階的に提供される」と述べている。

 Uberが米CNETに述べたところよると、これまでに数カ国で匿名化技術を展開してきたという。

 「アプリを使わずにドライバーにショートメッセージを送ったり音声発信したりする場合(またはその逆の場合)、ランダムな番号を使用することになる。この技術はこれまで、どこでも利用できるわけではなかった。そのことが、この新機能が体験を標準化し、役に立つ理由だ」(Uber)


提供:Uber

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]