logo

KDDIがソラコムを買収へ--IoT通信に本格参入

藤井涼 (編集部)2017年08月02日 15時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月2日、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を提供するソラコムを連結子会社化することを発表した。一部では買収額は200億円と報じられていたが、KDDI広報によれば「非開示」だという。8月下旬を目途にソラコムの株式を取得するとしている。

 IoT通信プラットフォームのSORACOMは、MVNOとしてデータ通信SIMを提供しており、IoT/M2Mデバイスのモバイルデータ通信を、1回線・1日10円からの従量課金で利用できることが特徴。また、ウェブコンソールやAPIから回線やデバイスを一括操作・管理できるほか、クラウド連携や閉域接続などの各種サービスを活用できる。

 2015年9月に日本でサービスを開始後、米国・欧州でもサービスを開始し、120を超える国と地域で展開。これまで、国内外合わせて7000の顧客に導入されているという。さらに、パートナープログラム「SORACOM パートナースペース」には350社以上が登録しているとのこと。

 両社はすでに連携をしており、2016年10月にはIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」を共同開発し、同年12月から提供を開始。また2017年1月には、ソラコムのシステムとKDDI IoTコネクト Airを連携させた法人向けの検証キット「LoRa PoCキット」を提供するなどしていた。

 今後は、KDDIのIoTビジネス基盤とソラコムの通信プラットフォームの連携を強化し、グローバルにも通じるIoTプラットフォームの構築を目指す。また、これまで培ったIoT/M2Mにおける知見や顧客基盤を活用して、新たなIoTビジネスを創出するとしている。

 ソラコム代表取締役社長の玉川憲氏は、KDDIの子会社になっても、現在ソラコムが提供しているサービスは変わらず提供していくと説明。また、「今回のアナウンスは、Exitというより、むしろ、これまで単独では届かなかった領域に道を拓くEntranceだと考えており、さらなるチャレンジに対して身が引き締まるとともに、これからの冒険にワクワクしている」とコメントしている。

-PR-企画特集