次期「iPhone」は顔認証に対応?--「HomePod」のファームウェアから推察

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年08月01日 06時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが例年通りのスケジュールに従うとすれば、次期「iPhone」の正式発表は9月の第1週か第2週になるはずだ。しかし、この製品の最大の秘密のうちの2つが、既に明らかになったかもしれない。基本的なデザインと、うわさされている顔認識機能が、新たに公開されたファームウェアに埋もれたコードによって確認されたようだ。

 Steven Troughton-Smith氏は、先週ウェブ上に公開されたAppleのスマートスピーカ「HomePod」のファームウェアを調べている複数の開発者の1人だ。同端末のソフトウェアに、次期iPhoneにも関連する2つの大きな秘密が含まれていたらしい。それは、赤外線による顔検出に関する記述と、端末の前面図だ。

 MacRumorsが報じているように、Troughton-Smith氏は、関連するコード部分をTwitterに投稿した。「BiometricKit」フレームワークの一部として赤外線顔検出に関する記述が含まれている。ファームウェアには、「BKFaceDetect」という記述と、「TooFarFromCamera」や「MultipleFaces」などのイベントも含まれている。

 さらに興味を掻き立てられるのは、うわさされている「iPhone 8」に似た端末の図だ。この端末は「D22」とされている。ほとんどベゼルがなく、イヤホンとカメラ(と、おそらくは上述の顔検出に必要なセンサ)のための切り欠きが画面上部にある、iPhoneと思われるものを示している。「Essential Phone」にも似たようなルックアンドフィールが採用されている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加