ドコモ、大容量データプランのテザリング無料化を延長へ

藤井涼 (編集部)2017年07月31日 18時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは7月31日、大容量データプラン「ウルトラパック」のテザリング利用料が、2018年3月末まで無料となるキャンペーンを、終了期限を定めずに延長することを発表した。

大容量データプラン「ウルトラパック」
大容量データプラン「ウルトラパック」

 テザリングは、スマートフォンなどをWi-Fiルータ(親機)として、PCやゲーム機などのWi-Fi対応機器(子機)をインターネットにつなげることができる機能。

 ドコモでは、ウルトラパックに契約するユーザーがテザリングを利用する場合、2018年4月からは月額1000円(税抜)の定額料が発生するとアナウンスしていた。同社によれば、2016年9月のウルトラパック提供開始後の利用状況から、現時点でネットワーク設備に対して大きな影響が発生していないことから、テザリング利用料の無料化を延長することを決めたという。

 対象となるプランは、「ウルトラシェアパック100」「ウルトラシェアパック50」「ウルトラシェアパック30」「ウルトラデータLLパック」「ウルトラデータLパック」「ウルトラビジネスシェアパック100」「ウルトラビジネスシェアパック50」「ウルトラビジネスシェアパック30」。これらのプランに契約するユーザーは、2018年4月以降も申込み不要、定額料無料でテザリングを利用できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加