A・ルービン氏の新興企業EssentialのUX責任者、「Google Home」のチームに移籍

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年07月31日 09時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Androidの父」Andy Rubin氏率いる新興企業Essentialが初のスマートフォンをリリースするのを目前に、ユーザーエクスペリエンス責任者のLiron Damir氏がGoogleに移籍した。

 Damir氏は先週、Essentialを離れ、「Google Home」のチームにユーザーエクスペリエンスの責任者として加わったことをLinkedInで発表した。

 Googleの関係者は米CNETに対し、同氏の雇用を認めたが、それ以上のコメントは控えた。

 Damir氏はこれまでに、スマートウォッチを提供するPebbleでデザインを担当したほか、Hewlett-Packard(HP)とLGでオペレーティングシステム「webOS」に従事した経歴を持つ。この2カ月間でEssentialを離れた幹部は、同氏が3人目だという。同氏の前に、マーケティング担当バイスプレジデントのBrian Wallace氏とコミュニケーション責任者のAndy Fouché氏が離職している。


提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加